最高級長財布を取り扱うブランドランキング

PICK UP SITEはコチラ!!

TOP > 高級長財布を選ぶコツ > 長財布の持つメリットとデメリット

長財布の持つメリットとデメリット

ほとんどの方が財布を使用されていることでしょうが、二つ折り派と長財布派で好みが分かれますね。
どちらの財布にもメリットとデメリットがありますが、長財布を例として見ていきましょう。
こちらの一番のメリットは、お札を折らずに収納できるということです。
お札を折って収納することに違和感を感じる方や、できるだけ綺麗な状態で保管したい方は、二つ折りタイプよりもこちらを選択すると良いでしょう。
また二つ折りタイプは折り畳みするので劣化のスピードが早いですが、長財布は比較的長持ちします。
しかしデメリットもあります。
長い財布はパンツのポケットなどに入れても収まらず、飛び出させておくと防犯的に良くありません。
防犯面を考えるならば、必ずバッグ等に入れることが必要になります。
財布をポケットに入れたい方や、バッグを持ち歩きたくない方には不向きかもしれませんね。



大人っぽいデザインが魅力の長財布

財布には、さまざまな種類が存在しています。
それぞれにメリットとデメリットが存在していますが、長財布のメリットと言えば、やはりデザイン性に優れていることでしょう。
その他のタイプと比較してサイズが大きいため、存在感も抜群です。
また角メーカーがこぞってラインを展開しているので、自分の好みの品を見つけやすいという特徴もあります。
長財布には、どことなく大人っぽい印象があります。
これは、「長財布を持っているということは、お金やカードを大切に扱っているだろう」というイメージに依るものでしょう。
より大人らしいイメージに近付けたいときには、有名ブランドの製品や上質な革を用いた製品を選択するのがオススメです。
財布本体のイメージと共に、上質な雰囲気を演出してくれることでしょう。
財布をバッグから出す瞬間を、楽しむことができます。



長財布を持つメリットはどこにあるのか

長財布は、二つ折りタイプと比較して、「かさばる」「ポケットに入らない」などのデメリットがあります。
しかし周囲を見渡してみると、わざわざ長財布を愛用している方も多いはずです。
このタイプの財布を使うメリットとは、いったいどんなところにあるのでしょうか。
まず、その他の財布と比較して、収納力が高いという特徴があります。
お札もカードも、そしてコインもたっぷり収納することができます。
取り出す際にも、それぞれが独立しているので、人目でわかるように設計されています。
また二つ折りの財布は、折りたたんだ部分から劣化が進みやすいという特徴があります。
その点折りたたまない長財布は、特定の部位から劣化がすすみ、使えなくなることもありません。
結果的に長く愛用することができるでしょう。
その他のタイプと比較すると価格が高いことも多いですが、それだけの価値がある品だと言えます。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る